宮崎の本物食材 File No.17

樹成(きなり)完熟栽培の凝縮された甘さ

りょうくんの日向夏

  • 販売価格(税込):¥2,300
  • 内容量:一箱8〜10玉入り

日向夏

樹成(きなり)完熟のみかん農家

日南市 緑の里りょうくん

田中 良一さん
   聖子さんご夫妻

農薬をできるだけ使わず、木に成っているまま完熟させる「樹成(きなり)完熟栽培」で驚きの甘さを引き出す。

田中良一さんご夫妻

樹成り完熟栽培がもたらす凝縮された甘さ

いまや東京、大阪からも注目されるりょうくんのみかん

りょうくん と言ってもプロゴルファーの話ではない。
果物のブランド名だ。パッケージもとても可愛い。
聞けばご主人の名前だという。

いまやここの果物は口コミだけで大評判となり東京、大阪からも大変注目をされている。
生産量が少ないため残念だが一般の人にあまり出回らない。

パッケージ
みかん畑
  

樹成(きなり)完熟で収穫したみかんの美味しさ

樹成(きなり)完熟で収穫したみかんの美味しさは食べてこそ実感する。
ここのみかんは本当に甘い。
しかも自然のまろやかな甘さなのである。
今日はそのりょうくんの秘密を探りにお邪魔した。

日南市大堂津から山のほうに入って10分ほど、温暖な日当たりの良い斜面にみかん園が見えてくる

ご主人は田中良一さん。
樹成(きなり)完熟を取り入れだしたのは15年前から・・・・・
旬という言葉だけが先走りして、その頃、店先で売っている果物の90%の期間を旬と言っている状況。
旬と言われる期間は最初のごくわずかの時期だけなのに・・・・
こんな状況がおかしい。これではいつか消費者が離れていく。
こんなことを考え、彼が出した結論は農薬をできるだけ使わない、自然な状態で木に成っているまま完熟させ通常より2~3週間遅めに収穫することにより甘さが凝縮される。

りょうくんの田中さんは言う。消費者や流通もやっと本物を理解できる時代になった。
13種類の品種を多品種少量生産。

仲の良い奥さんとご家族だけで丁寧に果物を育んでいる。何と3人で8町歩の大きさの果樹園を管理されている。
りょうくんでは日向夏、デコポンは5月が美味しいと言われる。
我々から見ると日向夏が2~3月、デコポンも3月~4月だ。私たちの感じている旬という感覚を深く考えさせられる

田中さんご夫妻
レモンの花

国産のグレープフルーツの実が大きく成っていた。
一口食べると濃厚な甘酸っぱさが拡がってくる。
樹成(きなり)完熟の実力が理解できる。

マイヤーレモンも無農薬で栽培していた。このレモンは酸味がきつくないし農薬も使っていないので何でも使えるそうだ。
丸ごと使える。飲み水に入れても、焼酎でも。
レモンの花もかわいいものだ・・・・・

最後に少しりょうくんの生産している年間のみかんの紹介を・・・・・・

はれひめ(12月中旬~1月中旬)
ポンカンと似ているがオレンジの香があり食感はジューシーで柔らか。コクと甘みを持つ一押しの商品。

天草(12月中旬~1月後半)
オレンジとみかんの中間種。果汁たっぷり、酸味が少なく甘さが強い。皮が薄いのでカットして食べるとよりおいしい

麗紅(れいこう)(2月中旬~3月後半)
鮮やかなオレンジ色。糖度が12~16度と濃厚な甘みとまろやかな味。食べやすい!!

はるか(2月中旬~3月下旬)
パッと見はデコポン 日向夏に甘みを足したような味。酸味はほとんどなし。中身だけを食べてください。シャキシャキした食感がとても良い。

せとか(3月~5月下旬)
甘みがあるがさっぱりしている。皮が薄いのが特徴。

デコポン(4月後半から5月)
みかんとポンカンの中間種。皮が剥きやすく、果汁が甘いので贈答用として親しまれている。

日向夏(4月後半から5月)
今回は宮崎を代表する品種、日向夏をお届けしていただける。完熟日向夏の美味しさに思わず口元が緩む。自然の甘さに思わず感動してしまう。さっぱりとした爽やかな味わいが特徴です。

山の斜面を利用しての果樹園の栽培。この風土と樹成り完熟は合っているとご夫婦ともおっしゃっている。
いつまでもご夫婦仲良く太陽の恵みを大切にして、笑顔と真心で作って行ってほしいものだ。
風土を大切にするからFOODになる。果物から日南地域の活性化をどんどん広げていっていただきたい

日向夏 日向夏イメージ

宮崎の本物食材 File No.17

農業生産法人 緑の里りょうくん

りょうくんの日向夏

日向夏は、宮崎原産の柑橘で、宮崎を代表する果物のひとつです。 日南市・緑の里りょうくんの田中さん夫妻が精魂込めて栽培した、樹成(きなり)完熟の日向夏の濃厚な風味をご賞味ください。果肉の爽やかな酸味と甘さ、そしてフカフカの白皮の上品な甘さは癖になるほどです。低農薬、有機肥料栽培の田中さんご夫妻が作る本物の果物の味は、一度味わったら忘れられない味になるはずです。

完売しました

  • 販売価格(税込):¥2,300
  • 内容量:一箱8〜10玉入り(1.5kg)
日向夏

宮崎の本物食材 File No.17

農業生産法人 緑の里りょうくん

りょうくんの日向夏

日向夏は、宮崎原産の柑橘で、宮崎を代表する果物のひとつです。 日南市・緑の里りょうくんの田中さん夫妻が精魂込めて栽培した、樹成(きなり)完熟の日向夏の濃厚な風味をご賞味ください。果肉の爽やかな酸味と甘さ、そしてフカフカの白皮の上品な甘さは癖になるほどです。低農薬、有機肥料栽培の田中さんご夫妻が作る本物の果物の味は、一度味わったら忘れられない味になるはずです。

完売しました

  • 販売価格(税込):¥2,300
  • 内容量:一箱8〜10玉入り(1.5kg)
日向夏